マニラからサバンビーチへ行く場合、エルミタの Citystate Tower Hotel から出ている Si-Katバス を利用するか、 Swagman Hotel から出ている Fry The Bus を利用するのが手っ取り早いだろう。各ホテルへ泊まってしまってそのまま行くのが...

マニラ、サバンビーチ往復(Sep.2014)

スポーンサードリンク
マニラからサバンビーチへ行く場合、エルミタのCitystate Tower Hotelから出ているSi-Katバスを利用するか、Swagman Hotelから出ているFry The Busを利用するのが手っ取り早いだろう。各ホテルへ泊まってしまってそのまま行くのが良い方法だ。Swagman Hotelはアンヘレス行きのバスも有るのでここを拠点としてしまうのもいいだろう。ホテルにチケットカウンターがあります。各サイトを見てみるとバス、バンカーボート代込みで、Si-Katが往復で1600ペソ、Fry The Busが往復で1610ペソのようだ。だだし、サイトを更新していない可能性もあるので実際違うかもしれない。
今回は、パサイのGil Puyat駅南側にある、JAMを利用してみました。
場所はこの辺りです。
バタンガス港まで、167ペソです。
この日は朝、7時頃出発しました。
ちょうど2時間位でバタンガス港へ到着。
バス到着からチケット売り場まで、荷物持ちやチケット案内役を買って出る人間がかなりウザいです。数人でたかってきます。
サバン行きの窓口でバンカーボート代230ペソ支払う。
他の窓口でも30ペソ支払いました。
合計260ペソ支払い、搭乗ゲートへ向かいます。
GATE3の前で出港を待ちます。
船に乗り込み、午前10時頃、バタンガス港を出発。
約1時間でサバンビーチに到着しました。
上陸してすぐに、50ペソ払わされます。
その後、ホテルの斡旋や、荷物持ち、レンタルバイク、シュノーケリング、フィッシング等のお誘いがひっきりなしに現れました。マニラから片道交通費が427ペソ、所要時間4時間でした。

復路はボート乗り場で確か260ペソ支払い、
来た時と同じ場所で、再びJAMのBuendia行きに乗りマニラまで帰りました。
この日はLRTのGil Puyat駅付近で降りて電車に乗りEdsa駅まで行き、そこからGenesisでアンヘレスまで行きました。JAMがEdsaを通らなかったので遠回りだったです。
アンヘレスから行く場合もFive Starなどを利用するとEdsaからBuendia(Gil Puyat)までタクシーなどを利用しなくてはならず、そこら辺が不便です。もしくはもっと上手い行き方があるのかもしれません。

Link: プエルトガレラの行き方

関連記事:サバンのディスコ(ゴーゴーバー)

関連記事:Seashore Beach Resort (サバンビーチ)

4 件のコメント:

  1. 確かクバオでもバタンガス行きがあったと思います。
    運行会社DLTD(クバオとブエンディア)とアルプス(アラバンとクバオ)
    両会社とも南方面ラグナ~バタンガス~レガスピ方面への運行会社です

    返信削除
    返信
    1. なるほど、クバオにバタンガス行きがあるとアンヘレスから行く場合使えますね。
      DLTDとアルプスですね。覚えときます。
      今後、機会があれば利用してみます。
      情報ありがとうございます。

      削除
    2. あ、すいません間違えました。
      誤:DLTD
      正:DLTB
      JAMもあったかもしれません。

      削除
    3. 了解です。DLTBですね。
      JAMは確かにありますね。アンヘからマニラに行く途中、高架下の右側に見えたのを覚えています。
      どこ行きか気になっていましたけどバタンガス行きなら使えそうですね。
      いずれにしてもクバオから行けそうですね。

      削除